『を待ちながら』 作:山下澄人 演出:飴屋法水のこと(3)(14’09”)

身についた動きと劇のことば